父の介護に来るヘルパァ 綾瀬みなみ

0000


親父が突然倒れた。なんとか一命は取り留めたが、
体が不自由になってしまい、
介護しきれない僕達はヘルパーさんを紹介して貰う事にした。
来てくれたのは『綾瀬みなみ』さん。
笑顔が可愛らしく、思いやりのある優しい女性で、
何というかおっぱいが大きい。
この前も親父の入浴を介助してくれていたのだが、服が水に濡れ、
巨乳の先っぽにあるポッチが堪らなくセクシーだった。
辛抱堪らず抱きつき、口を塞ぐとおっぱいを鷲掴み柔らかさを堪能した。
パンパンなお尻は、パンティが透け窮屈そう。
脱がして股間を弄ると、ほんのり雌の匂いが漂ってきた。
僕のムスコが今にも爆発しそうだったので、
彼女を座らせ口の中に押し付けた。
彼女は困った顔をしていたが、じゅぽじゅぽと口の中で受け止めてくれた。
みなみさんは口を拭うと父の介助に戻っていった。
次の訪問日、彼女は掃除をしてくれていた。
僕を見た彼女は怯えているのか困惑した表情をしていた。
その姿に欲情した僕は彼女を押し倒すと衣服を脱ぎ捨て愛撫した。
嫌がっている彼女をクンニする。溢れ出てくる愛液を啜り、
熱くなった淫部を刺戟する。ムスコを彼女の中に激しく打ち付ける。
滑らかなで程よい締め付けで僕は彼女の体に白濁液をぶちまけた。
彼女は複雑な表情だったが、
うっすらと微笑み、満足そうな顔に変わっていった…。

綾瀬みなみ

サンプル動画
※DUGAに無料会員登録すると大きいサンプル動画(6000kbpsの高画質)が見れちゃいます!

0001
0002
0003
0004
0005
0006
0007
0008
0009
0010

SPRD-1068


アダルト動画 DUGA -デュガ-




エロ記事を探すならこのアンテナサイト!
クリックでいろんなサイトのエロ記事がランダム表示されるよ♪
0000
byシンプルなエロアンテナ様 「サムネ乱れ打ち」機能